もったいない、日々のきおく。
捨てられないもの、捨てられない記憶・・頭にぽつんと浮かんだものやこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自遊学校。
2005年08月31日 (水) 00:07 | 編集
大月町の竜ヶ迫という小さな集落にある廃校の小学校を活用したお宿。
ホームページで見て以来、
これは間違いないとずっと心に留めていた場所。

下の集会所に車を止めていざ坂道を上がると、
枝で描かれた「自遊学校」という文字が目に入る。
そして、見渡すと程良く手入れされた一面の緑の運動場と
これぞノスタルジーの原点ともいうべき趣き深い平屋の木造校舎。



やさしく手を加えた内装。
手作りの案内たちが
ますますこの「場所」を象徴しているような気がする。
田舎の生活の中で、
何がこの場所らしいのかをよくわかってらっしゃる。
作り込んだ感じが全くないのにこの完成度。
「こだわる」という域をはるかに超え、
これが「普通」なんだと主張しているようにも思えた。

20050901204023.jpg

20050901204107.jpg

20050901204117.jpg

20050901204013.jpg

最初は素泊まりの予定だっだが、
「他で食べるならうちで食べていったら」というお言葉に甘え、
夕食を急きょいただくことに。もちろん大正解。
この場所で食べることがなによりも価値のあることに思えた。

20050901204128.jpg

そして食後は、校舎の一室で映画の上映会。
「ウエストサイドストーリー」を一緒に観る。
ご夫婦のこんな飾らないお人柄とおもてなしが何より心地よかった。

夜はランプだけで過ごすのが自遊学校のルール。
照明は一切なしの徹底ぶり。
この建物にはこれくらいがちょうどいいというのが
ご夫婦の価値観なんだろう。

日常を忘れて、ご夫婦と生活のリズムを共にし、
同じ時間を共有するには、これだけの距離があって当たり前。
リピーターが多いのもうなずける、そんなお宿だった。
スポンサーサイト
白山陶器
2005年08月25日 (木) 21:31 | 編集


今最も訪れたい場所の一つ、長崎県波佐見。
江戸の昔から庶民の暮らしに深く関わり、ともに歩んできた波佐見焼。
そんな陶芸の地、波佐見でデザインと品質のよさを認められ、
グッドデザイン賞などを受賞してきた白山陶器。
地域にこだわり、暮らしに根ざしたものづくりの姿勢。
その現場を一度この目で見てみることが小さな目標となっていた。
そんな折、友人が長崎へ帰郷した際、
ショールームに立ち寄ってくれた。

DSCF1284.jpg

DSCF1281.jpg

森正洋デザインのめし茶碗。
これらをコレクションして気分によって使い分けができたら、
これこそ最高の贅沢。

DSCF1304.jpg

内線でお店の方を呼び出してもなかなか来ていただけなかったそう。
何度かチャレンジしてようやく。。そんなゆるい空気がますます好き。
というわけで、来春の陶器市には必ず。。
ずっと、このままで。
2005年08月17日 (水) 01:43 | 編集


日本三大カルストのひとつである「四国カルスト」にて
放し飼いにされていた牛たち。
すべての牛には番号が付けられている。写真の牛は51と52。
続き番号の牛はいつも一緒にいるようしつけられているのか、
この2匹は常に仲良く寄り添うように佇んでいた。
これも一つの人生。
この2匹の無垢な瞳を見つめていると、
もの悲しい気持ちになるのは私だけだろうか。
ルームわらじ。
2005年08月16日 (火) 01:21 | 編集
夏のはじめに、京都在住のかばん職人ちかちゃんから
送られてきたもの。
「わらじ」なのに、ふんわり柔らかな肌触り。
この何とも言えないギャップに彼女「らしさ」を感じ、
思わずにんまりしてしまう私なのでした。
また一つ大切にしたいものが増えました。
作り手を感じることのできるもの、心まで温かくしてくれるもの、
それこそ本物。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。