FC2ブログ
もったいない、日々のきおく。
捨てられないもの、捨てられない記憶・・頭にぽつんと浮かんだものやこと。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長岡日和。
2005年09月27日 (火) 22:28 | 編集
昨年10月に突然の大地震に見舞われた中越地方。
中でも大きな被害を被った長岡市。
「長岡花火デザインプロジェクト」は、
デザインによる長岡地域の振興と活性化を応援する取り組みとして2003年に始まったもの。長岡市出身の有名デザイナーにより様々なグッズが制作されている。

そして、思わず購入してしまった2005年のカレンダー「長岡日和」。

20050928001115.jpg


「今年が毎年のいつもの長岡でありますように」

この言葉があまりにも心に突き刺さり、
せっかくのカレンダーを未だに破ることができない私。
残すところ今年もあと3ヶ月。。
今年も毎年のいつもの暮らしができていることが本当に嬉しく思える。
普通がいちばんだと思える。
今の状態が当たり前なんて言えなくなった時代。
いつ何が起こるかわからない。
せめて、この言葉を横目で見ながら、
自分が今こうしていることに感謝したい、心からそう思う日々。

20050928000233.jpg


長岡の歴史と文化が、土地の言葉で一月一月に込められている。
言葉の力はどんなデザインより強い、
これを見るとそう感じざるを得ない。

スポンサーサイト
勝手に一生モノ。
2005年09月23日 (金) 17:46 | 編集
FREITAG(フライターグ)の財布はすでに3年モノ。

東京のショップで衝撃の出会い。
一つ一つのものの表情の豊かさに一目惚れしてしまってから、
ブランドについて調べ始め、
スイスのチューリッヒで、
トラックの幌や自転車のチューブ等をリサイクルし、
一つ一つ違う表情のバックや財布を作っているということを知る。
その発想力とリサイクルの考え方に惹かれ、
ますます虜になってしまい、
当時住んでいた関西で購入できるショップを探し当て、
出会いから半年後、念願叶って購入し、現在に至っている。




一度この財布を落としてしまったことがあり、
中身はどうでもいいから、財布だけは戻ってきてほしいと
強く願っていたところ、
警察署から「お財布が届いています」との連絡が。。
こういうことを一度経験すると、
運命のようなものを勝手に感じてしまう。

レシートがたまると、カードを入れすぎると、
そして小銭が増えすぎると、
まったく閉まらなくなるという不具合もすべて可愛く思えてしまう。
勝手に一生モノ。

20050925001515.jpg


DSC02983.jpg


※タイミングよく、最新号の『アルネ』に掲載されていますね。
白山陶器
2005年08月25日 (木) 21:31 | 編集


今最も訪れたい場所の一つ、長崎県波佐見。
江戸の昔から庶民の暮らしに深く関わり、ともに歩んできた波佐見焼。
そんな陶芸の地、波佐見でデザインと品質のよさを認められ、
グッドデザイン賞などを受賞してきた白山陶器。
地域にこだわり、暮らしに根ざしたものづくりの姿勢。
その現場を一度この目で見てみることが小さな目標となっていた。
そんな折、友人が長崎へ帰郷した際、
ショールームに立ち寄ってくれた。

DSCF1284.jpg

DSCF1281.jpg

森正洋デザインのめし茶碗。
これらをコレクションして気分によって使い分けができたら、
これこそ最高の贅沢。

DSCF1304.jpg

内線でお店の方を呼び出してもなかなか来ていただけなかったそう。
何度かチャレンジしてようやく。。そんなゆるい空気がますます好き。
というわけで、来春の陶器市には必ず。。
ルームわらじ。
2005年08月16日 (火) 01:21 | 編集
夏のはじめに、京都在住のかばん職人ちかちゃんから
送られてきたもの。
「わらじ」なのに、ふんわり柔らかな肌触り。
この何とも言えないギャップに彼女「らしさ」を感じ、
思わずにんまりしてしまう私なのでした。
また一つ大切にしたいものが増えました。
作り手を感じることのできるもの、心まで温かくしてくれるもの、
それこそ本物。


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。